WEB世界

雑誌『世界』のWebマガジン

MENU
  • 特集 袴田事件

    袴田事件 再審拒否の東京高裁判決に抗議します

  • 連載 はかまたさん

    連載 はかまたさん

  • 連載 デルクイ

    連載 デルクイ

  • 連載 モザンビークで起きていること

    連載 モザンビークで起きていること

  • 連載 ドキュメンタリー解体新書

    連載 ドキュメンタリー解体新書

  • 書評

    SEKAI Review of Books

新着記事

雑誌『世界』最新号

世界 2020年8月号

世界 2020年8月号

■特集1 グリーン・リカバリー

 私たちの社会は、コロナウイルスによって立ち止まることを余儀なくされた。
 そして、立ち止まることによって、見えてきたことがある。
 大気汚染の劇的な改善や、二酸化炭素排出量の減少を、一時的なエピソードに終わらせてしまっていいのだろうか。
 そもそも、新型コロナウイルスは、人間の経済活動の膨張にともなう環境破壊に、その由来を求められよう。
 各国でパンデミックから受けた打撃からの回復が模索されている。
 人々の生存こそがそのテーマであると、本誌は繰り返し特集してきた。
 しかし、人類が再び “右肩上がり” の経済を求めて走りだすならば、再び同様のパンデミック、そして深刻な気候変動と生態系の崩壊がもたらされよう。
 どのような回復であるべきなのか。特集する。


■特集2 パンデミック後の中国社会――オルタナティブは潰えるか

 中国社会は、どこへ向かおうとしているのか。
 中央集権的な統制のもと、経済成長とともに国際的な影響力を増大させている中国にあって、かき消されがちな中国社会内部のオルタナティブを求める声に、耳を傾けたい。
 国家主義的な対抗を超えて、知性と良心の連帯を模索すべきときではないか。
 私たち自身の民主主義を問い直しながら、中国社会の “進化” を、ともに考えたい。

閉じる