WEB世界

雑誌『世界』のWebマガジン

MENU
  • 特集 袴田事件

    袴田事件 再審拒否の東京高裁判決に抗議します

  • 連載 はかまたさん

    連載 はかまたさん

  • 連載 デルクイ

    連載 デルクイ

  • 連載 モザンビークで起きていること

    連載 モザンビークで起きていること

  • 連載 ドキュメンタリー解体新書

    連載 ドキュメンタリー解体新書

  • 書評

    SEKAI Review of Books

新着記事

雑誌『世界』最新号

世界 2018年10月号

世界 2018年10月号

■特集1 「安全神話,ふたたび」
 原発が、ふたたび稼動しつつある。
 「世界最高水準の規制基準」、「厳格な安全審査」、「安全確保を大前提にした再稼働」……“安全神話”がふたたび息を吹き返している。破滅的な被害をもたらし、今なお多くの人びとを苦しませている3・11が「なかった」かのように——。
 原発事故の被災者は、現在にいたっても被害を訴え、生きるための権利を主張しなければならない状況に置かれている。この不条理をもたらした責任は、誰にあるのか。
 事故を起こした東京電力の幹部たちの刑事責任を問う訴訟の中で、官民一体となった「意図的な不作為」を示す多くの事実が明らかになりつつある。
 安全神話の“復権”を阻止するために、いま何が求められているのか、議論を確認したい。

■特集2 「沖縄 持続する意志」
 7月27日、沖縄・辺野古の埋め立て承認の撤回を表明する臨時の記者会見。翁長雄志知事は自らの発言後、記者からの質問に応じる中で、次のように述べた。
 「アジアのなかの沖縄の役割、日本とアジアの架け橋、こういったところに沖縄のあるべき姿があるんではないかと思う。いつかまた切り捨てられるような沖縄ではできない。この思いをみんなでどういうふうに共有して何十年後の子や孫にね、私たちの沖縄は何百年も苦労してきたんだから、そしてそれが十二分に可能な世の中になってきているんで、そういう中で飛び立とうとしているのを足を引っ張ろうとして、また沖縄は振興策もらって基地を預かったらいいんですよなどというものが、これから以降もあったら、……私からすると容認できないというような思いだ」
 急逝した翁長知事の後継を問う知事選挙が行なわれる。9・30に何が問われるのか。緊急に特集する。

閉じる