WEB世界

雑誌『世界』のWebマガジン

MENU
  • 特集 袴田事件

    袴田事件 再審拒否の東京高裁判決に抗議します

  • 連載 はかまたさん

    連載 はかまたさん

  • 連載 デルクイ

    連載 デルクイ

  • 連載 モザンビークで起きていること

    連載 モザンビークで起きていること

  • 連載 ドキュメンタリー解体新書

    連載 ドキュメンタリー解体新書

  • 書評

    SEKAI Review of Books

新着記事

雑誌『世界』最新号

世界 2022年7月号

世界 2022年7月号

特集1】軍拡が平和をもたらすのか
敵基地攻撃、核共有、防衛費GDP比2%と、軍備増強を求める声がかまびすしい。世界の軍事費が過去最高を記録する中でも、東アジアの軍拡状況は突出している。中国の軍事費が日本円で26兆円を超え、北朝鮮は核・ミサイル開発を進める。「抑止力」の強化こそが安全を保障するとの言説が力を持ち、日本だけでは対抗しえない軍事力の均衡を、アメリカとの同盟強化によって補おうとしている。そして、安全保障への不安をかきたてるウクライナの事態が、この潮流を加速させている。このような状況の中だからこそ、あらためて問いたい。軍備を強大化すること以外に、私たちの安全保障政策、対外政策が進むべき道はないのか。軍拡が平和をもたらすというのか。特集する。

【特集2】侵略の代償――ウクライナ危機と国際社会
ロシアによるウクライナ侵攻は、国際社会にいかなる影響をもたらしているか。危機に瀕する集団安全保障と国際協調の枠組みの再構築は、どうすれば可能か。

┏━━━┓
┃特集1┃軍拡が平和をもたらすのか
┗━━━╋…────────────────────────────────

〈新たな構想を〉
抑止とその限界――ロシアのウクライナ侵攻と国際関係
藤原帰一(東京大学客員教授)

〈危険な九条空文化の試み〉
憲法九条を取り戻す途(みち)
城野一憲(福岡大学)

〈批判的検証〉
自民党安保提言批判――アジア版NATOへの道
前田哲男(軍事ジャーナリスト)

〈中国と戦争するのか〉
台湾有事と集団的自衛権
宮﨑礼壹(元内閣法制局長官)

〈「敵基地攻撃」の裏面〉
宇宙軍拡 可視化されるべき実態
前田佐和子(元京都女子大学教授)

〈“日本版DARPA”の浅薄〉
経済安保の人脈と文脈 第2回――法成立――看過された議論
斎藤貴男(ジャーナリスト)

┏━━━┓
┃特集2┃侵略の代償――ウクライナ危機と国際社会
┗━━━╋…────────────────────────────────

〈単独行動主義との相克〉
多国間主義の危機――ウクライナ侵略と国際社会の進路
松井芳郎(名古屋大学名誉教授)

〈難民問題と「ジェノサイド」〉
人道危機からみるウクライナ情勢
長有紀枝(立教大学)

〈正義感への警鐘〉
戦争と憤激
ユルゲン・ハーバーマス(哲学者)、訳・解説=三島憲一

〈中立政策の終焉〉
フィンランドの歴史的転換――NATO加盟へ苦渋の決断
柴山由理子(東海大学)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆注目記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〈警鐘〉
警察国家に向かわぬために――いま、その芽を摘め
青木 理(ジャーナリスト)

〈新連載〉
香港からの通信 第1回――国安法に踏みにじられた報道の自由
林寒盡(ジャーナリスト)

〈調査報道〉
ルポ 保育で儲ける企業
小林美希(ジャーナリスト)

〈好評連載〉

ランキング

お知らせ

初代編集長・吉野源三郎著

君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

詳しくはこちら

ナオミ・クライン 待望の最新刊(2018/7/27発売)

NOでは足りない

NOでは足りない

詳しくはこちら

気候変動にはこの一冊

これがすべてを変える (上)

これがすべてを変える (上)

詳しくはこちら
  1. B面の岩波新書
  2. web岩波 たねをまく
閉じる