WEB世界

雑誌『世界』のWebマガジン

MENU

連載 デルクイ

子はナタ

 ある女性から、「国際結婚と聞いて何が思い浮かぶ?」ときかれた。
 一瞬戸惑った私に彼女は、「DVの入り口」と言った。
 確かに、母語の通じないところで自立して生きるには困難が多い。電車のチケット一つ予約するにも助けが必要だからだ。
 そこに愛があろうがなかろうが、日々、パートナーとの力関係が明確になる。助けを必要とする側は、しばしば理不尽なことにも耐えなければならない。
 それは、ドイツでも同じことだ。
 
 しかし、日本と違うのは、安心して離婚ができることだ。この国では、婚姻とは契約なのだ。
 結婚と同時に、離婚するときの条件を記した文書にサインすると聞いて、さすが「個人」を尊重する国だなぁ、と思った。

 しかし、もっと感動したのは、夫婦が破綻に至ったときの、子どもたちの反応だ。
 友人Aの場合、ドイツ人の夫が浮気をしたとき、十代の息子がそばに来て、泣いている母親を
「ねぇ、男は◯◯(父親の名前)だけじゃないんだからね」
と慰めたという。
 同じように夫が何人もの女性と浮気した末離婚に至った友人Bの場合、息子は
「◯◯(母の名前)は、本当に男を見る目がないよね」
と言ったという。
 どちらも、母親に「離婚しないで」と泣きついて「鎹(かすがい)」になったりはしないのだ。
 
 で、離婚した友人たちから聞いた名言が、「子はナタ」だ。
 この子のために嫌な夫とも別れられない、なんてことは、ここではない。
 むしろ、子どもの将来のためにこの男と別れなければ、と決断できるのだという。

 離婚したあとの養育費は、国が女性に代わって男に請求し続ける。いや、回収し続ける。
 教育費はすべて無料。医学部に入るのだって無料である。
 奨学金を申請したり、あるいはワーキングホリデーを使って自分の生活費を稼ぎに行って、そして大学に入る者もいる。大学で学んでいる年齢層は幅広い。
 
 ここでは、親の経済力のせいで子どもの人生が狭められる、といったことはほとんどない。
 本人が望めば、いつでもなんらかのチャンスがあるのだ。
 親には親の人生があり、子どもには子どもの人生がある、というわけだ。

 友人の子どもは、一人は医学部へ、一人は音楽関係に進んだ。友人は
「あのとき日本に帰っていたら、子どもを高校まで行かせられただろうか…」
とつぶやいた。

 異国の地で、女一人でも子どもを育てることが可能な社会というのは、やはり、豊かな社会なのだろう。
 そう思えてならない。
 
車椅子用のバイク。  車椅子用のバイク。車椅子を装着して、走る。
1753年からある家 街には、300年前の家々が並ぶ。
街中で出会う動物たち 街中で出会う、動物たち。ドイツは殺処分ゼロ。
花屋に飾られたブタ 花屋に飾られたブタ。ブタは人気者なのです。
(いずれも著者撮影)

バックナンバー

著者略歴

  1. 辛淑玉

    1959年、東京生まれ。在日三世。人材育成コンサルタントとして企業研修などを行なう。ヘイト・スピーチに抗する市民団体「のりこえねっと」共同代表。2003年、第15回多田謡子反権力人権賞、2013年、エイボン女性賞受賞。著書に、『拉致と日本人』(蓮池透氏との対談、岩波書店)、『怒りの方法』『悪あがきのすすめ』(岩波新書)、『鬼哭啾啾』(解放出版社)、『差別と日本人』(野中広務氏との対談、角川書店)など多数。

閉じる